高尾駅 機銃掃射の弾痕 戦跡(1番線31番柱)



▲1・2番線の31番柱に残る弾痕。

JR中央線の高尾駅1番線ホームには、1945年(昭和20年)7月8日に太平洋戦争で米軍から銃撃された際の弾痕がいまも残っている柱がある。なぜ柱に弾痕が残っているのかというと、戦時中は線路として使用していたレールをそのままホームの柱として再利用したため。弾痕周りの白い塗料がはげているのは、JRによる「弾痕がよく見えるように」という配慮とのこと。他の柱にも所々弾痕がみられる。

参考:多摩 幻の鉄道―廃線跡を行く  口絵写真,P.130-136,
参考:参考:フィールドワーク 浅川地下壕―学び・調べ・考えよう P.54
参考:JR東日本・高尾駅 所在地:〒193-0844東京都八王子市高尾町1201-2
電話番号:042-661-2025(JR東日本・高尾駅)
営業時間:初電~23:50
地図:MapFan.web
地図:Google Maps

▼他の柱の弾痕。



▼31番柱の位置。



関連:高尾駅の古レール柱/機銃掃射の弾痕(戦跡) 2009/06/30