花街の映画館 高崎電気館

柳川町遊郭に隣接する老舗の映画館で正月に寅さんの映画を見てきた。1913年に創業し、2001年に閉館したが、近年復刻・再活用の兆しがあり、映画の上映やイベント回数が少しずつ増えてきている。現在は1階が地域活性化センター、2階が映画館として運営されているらしい。映画は入場料1000円の2本立てだったが、高崎駅で電車を見ていたり柳川町遊郭を散策していたら時間がなくなってしまい、最後の1本しか見れなかった。



男はつらいよ・新春二本立て上映
2017年1月2日(月・祝)~1月9日(月・祝)
二本立て・入場料金:一般1,000円
『男はつらいよ 望郷篇』第5作 上映時間:午前10:00~/午後2:00~
『男はつらいよ 私の寅さん』第12作 上映時間:午後12:00~/午後4:00~
〒370-0815 群馬県高崎市柳川町31





















▼うぉー!2月にはベルナー・ヘルツォークの特集上映やるんだ。



▼受付&ロビー



▼ロビーに映写機が展示してある

















▼入口に展示してある昔の写真。こういう時代に訪れてみたかった。









▼昔は「高崎松竹電気館」だったのね。



▼EXILEとかJ Soul Brothersとかよくわからないので知らなかったが、「HiGH&LOW THE MOVIE」という映画で高崎電気館や中央銀座、柳川町などがロケ地になっているらしく、高崎電気館でもロケ地紹介のポスターを掲示していたり1階の特設コーナーで写真を展示したりしていた。橋本環奈の「セーラー服と機関銃 -卒業-」でもロケ地に選ばれたのは知っている。